ポスターの大きさで変わる!お部屋のオシャレ度

『海外のお部屋って、どうしてこんなにおしゃれに見えるの?』と思ったことありませんか?

実は、私もまだアメリカにきたての頃そう感じてました。
お友達のお家に遊びに行ったり、招かれたホームパーティー先で。そして、親戚のおじいちゃんの家に行った時に気がつきました!そんなおしゃれな部屋には、必ずアートやポスターなどがインテリアの一部として飾られていることを。

そこで今回は、そんなおしゃれな部屋を目指す方のために、私が海外のインテリアから得た、飾りたいポスターなどのサイズ選びと見え方の違いについてご紹介していきます! ぜひ、参考にしてみてくださいね!

「小さいポスター」を印象つけるコツ

小さなポスターは、お値段もお手頃でさりげなくおしゃれを楽しめます。作品が小さいことから迫力はありませんが、日常の生活に自然に溶け込んでくれて、他のインテリアとのバランスもとりやすいのが特徴です。そこで、おすすめはA4サイズほどの小さいサイズのポスターであれば、お気に入りのものを複数枚飾ったりするのがおすすめです。

複数のポスターを飾る場合は、サイズのバランスや他のインテリアとの相性も考えておくと良いですね。サイズの異なるアートをランダムにバランスよく飾れば、洗練された印象となります。そこで、忘れてはいけないのが額縁。額縁は、アートを保護する役割はもちろんですが、アート引き立てる一番重要な役割を果たしてくれるアイテムです。(額縁の選び方は、こちらを参考にしてください)

バランスが悪いと、ごちゃごちゃした印象を与えるので、注意しましょう。

おしゃれな空間を最大に作り出せる「大きいポスター」

こちらは、以前サンタモニカで宿泊したAirbnb。

ベッドルームにはこちらのアートがチェストの上にドンっと置かれてました。なんともおしゃれで、そして鮮やかな色使い。ベッドルームの80%の雰囲気を、これ一つでまとめてくれるベッドルームの主人公になってました。このように大きなポスターは1枚で迫力があり、部屋のイメージを大きく変えてくれます

大きな作品を1つだけ飾る場合は、複数のポスターとの相性を気にする必要がないので、デザインが苦手な方でも、簡単におしゃれな空間を作り上げられます!また、無地の壁に大きなポスターは、大きな窓のような役割をしてくれます。日の入らない暗い部屋などには、明るいアートを選ぶのもおすすめ。

無造作に床に置いて飾る技

賃貸の方だと壁に穴を開けれないから、、、とアートを飾ることを諦めてしまう方もいらっしゃるかと思います。そこで、私がおすすめしたい飾り方がこれ。実際、棚の上に置いたり、壁にかけたりするのがイメージしやすいですが、大きなポスターであれば床に置いて、無造作に壁に立てかけることも可能です。

床に置くだけなので手間もかからず、いい感じにカジュアルさが出て、さりげないおしゃれなスペースが作れます。こちらのやり方は、小さいポスターだと、ただ置く場所がないから置いてあるだけ的な雰囲気が出てしまうのであまり適しません。

大きいポスターと小さいポスターを選ぶ時の注意点

大きいポスターを選ぶ注意点として、部屋の壁の空白部分が、ぎっしりと埋まるほど大きいポスターを選んでしまうと、圧迫感がでてしまうので、事前にどのくらいの大きさのポスターを飾るかレイアウトだけ確認してくださいね。上下、左右に十分な余白は残しておいてあげてください。

小さいポスターを選ぶ注意点よりも、それだけを飾って殺風景に見えない様な工夫が必要です。例えば、下の画像のように小さいサイズのポスターを何枚かを並べて飾ったり、その横に植物を飾ったりの装飾は忘れずに。

ポスターの大きさで部屋のイメージは大きく変わります。お部屋のアクセントとして、是非お気に入りのポスターを飾ってみてください。

海外インテリア素敵なポスター販売店

CALIFORNIA PRINT COLLECTIVE